FC2ブログ

鹿児島建築見てある記~仙巌園(磯庭園)の巻

07-04,2017

こんにちは!中山です。
7月に入り、めっきり暑くなってきましたね!
午前中にはセミの鳴き声も聞こえていた徳島ですが、
台風3号が横断するとのことで土砂降りの午後です。

土砂降りといえば、6月の鹿児島旅行も2日目は雨に祟られました。
世界遺産である島津家の美しい庭園を散策し、桜島を築山に
錦江湾を池に見立てた大スケールの景観を楽しむ予定でしたが
空は灰色で何も見えず・・・

DSC_1279.jpg
▲29代島津忠義の本邸であった御殿。ご覧のとおり土砂降りでした・・・

しかし、足元を見ればこんな美しい花たちも

DSC_1284.jpg
▲ 満開の百日草

園内の散策は諦めて御殿見学ツアーに参加したのですが、島津家29代当主島津忠義が
本邸として使用していたこともあり、御殿もなかなか立派で見どころ満載でした。

写真撮影不可のため文章でのご紹介にはなりますが、御殿に使用されている木材は
柱から天井の竿縁に至るまで、すべて屋久杉が使われているそうです!
脂の多い屋久杉は艶やかで、柱は木目が黒く浮き上がってうづくりのようになっており、
思わずさすりたくなりました、(※手を触れてはダメー!)


また、島津家は中国文化の影響を強く受けていて、風水を取り入れたしつらいを
見つけることができます。

下の2枚の写真の池もその1つです。
陰陽の対になっており、御殿のパワースポットとして紹介されていました。

DSC_1268.jpg
▲凹んでいるこちらは陰。

senganen_1274.jpg
▲池のへりが凸になっているこちらが陽。

ちなみに、仙巌園は園全体に風水が取り入れられているので、パワースポットとしても
人気があるそうですよw

DSC_1276.jpg

この庭園を愛した島津斉彬や篤姫が眺めていた風景を見ることはできませんでしたが、
またいつの日か改めて訪れることができたらいいな~と思います。






関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する