FC2ブログ

青年部県内交流会in淡路

12-09,2011

先週の土曜日、徳島県建築士会青年部の県内交流会が淡路島で行われました。

今回は鳴門支部のお世話で、淡路瓦を巡る勉強会となりました。

まず最初に、瓦センターで大栄窯業株式会社の道上さんより淡路瓦について
基本的な情報と瓦にかける思いをうかがったあと、道上さんの会社の中にある
ギャラリーで瓦コースターづくりをさせていただきました。

瓦コースターづくり

私は2回目の体験だったので、あらかじめどんなふうにするか決めていたのですが、
初めて瓦の土に触る方はずいぶん悩んでおられたご様子。
みなさん、真剣な表情で黙々と作業されていました。


コースター
▲みんなのつくったコースター。わたしは「れんこんコースター」です。


瓦小物
▲以前お伺いしたときより、ギャラリーに小物が増えていました。
瓦に対する「古臭い」「おしゃれじゃない」といったマイナスイメージはここでは一切感じません。


しび

さて、次にお伺いしたのは、鬼瓦を製造している株式会社タツミさんです。

こちらでは鬼瓦や寺院の屋根につける「しび」(上の写真)などを製造されています。

また、瓦を応用したエクステリア資材も製造販売され、瓦のよさを身近なところから
使用体験することによって、今では使われることがだんだん減ってきた屋根瓦に対する
イメージや価値観をよい方向へ変えていこうとする取り組みをされています。

2年前にこちらを訪れたときは、もうお店が閉まっていたためゆっくり見学することが
できなかったのですが、「土」という素材の特性と「瓦焼成」の技術を生かして
新しいものを創造し、それをご自宅のお庭で使用されている光景を目の当たりにして、
同じように「木」という素材を扱う会社として、ものすごく刺激を受けたものでした。

淡路瓦を巡る旅を通じて感じえたことを、実際に行動に移すようになって1年。
またこの地で、同じように新しい価値を築いていこうとしている方々とお会い
することができたのは、とても心強くうれしいことです。
今後もこのご縁をつないでいきたいと思いました。

最後になりましたが、今回の交流会をお世話くださいました鳴門支部のみなさま、
私たちを快く受け入れてくださった淡路瓦の組合のみなさま、
サポートしていただいた徳島県瓦組合のみなさま、
誠にありがとうございました。


@7056


関連記事
スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する