FC2ブログ

淡路瓦のコースターづくり体験

05-24,2010

昨日は雨でしたが、淡路瓦400年祭にやっぱり行ってみたいな~と思い、
友人のグラフィックデザイナー中島さんと一緒に行ってきました!

一番のお目当てはこちら▼
gallery
大栄窯業さんの工場内に設けられたギャラリー「土坐」
実はこちらのギャラリー、ほとんどが瓦と瓦を造る土でできています!!
大栄窯業の道上専務が主宰されている「瓦atelier未来考房」の作品が
展示されており、ハードウッドを使ったものづくりを考えている私の
参考になるのではないか?と中島さんが教えてくれました。

kawara1
▲瓦素材で作られた小物の数々。台もその下の青いカウンターも瓦土でできています。

daruma
▲昔からある「達磨窯」という瓦を焼く窯をモチーフに作られた瓦ドーム。

kawara2
▲瓦が座面のいす。瓦の曲線が脚やお尻にそって座り心地はバッチシ!

kawara3
▲昔からあるモチーフだけでなく新しいモチーフも取り入れた瓦のコースター。

ギャラリーの説明や展示された作品の説明を伺っていると、
道上さんの瓦に対する前向きでクリエイティブな想いや愛情が
感じられとても刺激になりました!!

ここでは見るだけではなくコースター作りも体験させていただける
ということで、私たち2人もがっつり体験してきました!!

まずコースターのベースに丸と四角のどちらかを選び、1枚の土の板を
木枠に入れ、ピアノ線で3枚おろしにしていきます。
この瓦の土が意外と堅く、道具を壊してしまったので(!)この作業は
道上さんにお任せしてしまいました(^^;

kawaramimi1
▲で、3枚おろしのうちの2枚がコースターとなります。
私は持参したイペ材の「木のみみ」を使ったコースターを作ることにしました♪

kawaramimi3
▲できあがったのはこんな感じの作品です。ごっついシンプルな和テイスト。
下の四角いのは「瓦」という漢字をイメージして作ってみました。
刻印がないのでまるなマークは手彫りです。これが結構大変でした!

kawaramimi2
▲デザイナーの中島さんは繊細なデザインで丁寧に作っていました。
私とは対照的な作品に仕上がっていましたよ。

このコースターは、この後、窯に入れて焼いてもらいます。
焼けていぶし銀色にできあがった作品は後日メール便で送っていただけます。
税込み・送料込みで2000円。
とってもよい経験をさせていただきました


さて、その後も私たちの瓦めぐりは続くのですが、随分長くなってしまったので、
また明日以降ご紹介したいと思います!

乞うご期待

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT

うわぁ~、大変ご丁寧な紹介ありがとうございます。
先日はお越しいただきありがとうございましたm(__)m
次回はお茶しに寄ってくださいね。
土の硬さにはご迷惑をおかけしました(笑)
女性や子供たちへの配慮が欠けてたかな^^;反省、反省。
今日、新しい粘土のくりぬき作業ですべて一新!!
たぶん、もっと柔らかくなってるはずです。
その後の町めぐり日記も楽しみです♪
雨の中、お疲れ様でした。
めぐり足りなかった分は、また後日ゆっくりと・・・♪
ではでは、コースターの焼き上がりをお楽しみに~(^.^)/~~~
2010/05/24(月) 23:09:31 |URL|瓦人 #JalddpaA [EDIT]
日曜は大変お世話になりました!!
早速ブログにもアップして頂きましてありがとうございます!!
コメントいただけてうれしいです♪
瓦とイペ材、素材としてはまったく違うものですが、
エクステリアに使えるという共通点において瓦製品が
とても参考になりました。
どちらも自然素材でお互いになじむと思うので、
「瓦とハードウッド」のコラボ作品が生み出せたら
おもしろいな~と思いました。
その後の町めぐり日記もお楽しみに!
私もコースターのできあがりを楽しみに待ってます♪
2010/05/25(火) 08:47:15 |URL|げんたろう #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する