FC2ブログ

新潟へ行ってきました

11-25,2015

こんにちは!中山です。
先月のことになりますが、3連休を利用して、新潟へ行ってきました。

いつもお取引させていただいている津田産業の津田社長様のお取り計らいで
新潟の十日町市に移住されたドイツ人建築デザイナーカール・ベンクス氏の
古民家再プロジェクトを見学させていただくことになったからです。

わたしは見学のみなさんより1日早く新潟入りし、市内をブラブラしてきました。

新潟市内

新潟へ行ってみて驚いたことは、新潟市内は川が多く、リバーサイドが意外と洋風なこと!
勝手な思い込みですが、新潟と言えば「米」「日本酒」といった和食のイメージが強く、
建物や街並みもなんとなく和の雰囲気だと思っていました。

ところが、ビルがたくさん建ち並び、マンションもたくさん建っていて、それはもう都会の雰囲気!
それもそのはず、新潟は開港五港として、江戸時代貿易で栄えた土地だったのですね~。
新潟をなめきっていました。ごめんなさい。


新潟市内
▲展望台(ばかうけビル)から見た新潟市内。新潟市の人口は徳島県の人口と同じぐらい…


開港五港
▲かつて万景峰号が入港していた埠頭。佐渡島行きの船も出ています。


萬代橋
▲新潟も川の街。市内のシンボル的な萬代橋。


川が多く、市内中心部にヨットハーバーがあったり、「万代町」「出来島」など同じ地名があったりで、
新潟への親しみはぐんと増しました!
地方だけど人口が多く、建物や景観、観光や物産の販売方法など、参考になることもたくさんありました。

東京からなら新幹線で1時間半ほどですし、案外アクセスしやすいと感じました。
(伊丹から飛行機も飛んでいます)

これからの時期は雪で大変でしょうが、暖かい季節の旅行にぜひおすすめしたいです!


メインの十日町の古民家再生プロジェクトは、また後日ご紹介させていただきますね。


(中山尚子)


スポンサーサイト