FC2ブログ

ワイン片手に…

11-30,2009

中山です。

今日は仕事を集中して終わらせて、あわぎんホールで催されているサロンコンサートに来ています。

あ~まもなく開演です!

クラリネットソロを、みなさんはワイン、私はコーヒーいただきながら楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

空也最中

11-29,2009

1259497145-091129_2055~0001.jpg
1259497138-091129_2055~0002.jpg
東京土産に銀座くうやの「空也最中」をいただきました。

1週間前には予約しないといけない大人気の最中です。

小ぶりで、作ってから3日後ぐらいが食べごろだそうです。

空也といえば、京都・六波羅密寺にある空也像が有名ですね。

空也の口から仏様が6体出てきている、教科書にも載っているあの像です。

いつかあの真似して写真を撮りたい…中山の密かな望みです。

セランガンバツのウッドデッキの経年変化

11-28,2009

先日の花市場のセランガンバツ材の記事で、
「経年変化後の木材にグリーンが似合う」
書かせていただきました。

下の写真は、1年ほど前に施工されたウッドデッキの写真です。
樹種はセランガンバツです。

セランガンバツの経年変化

花市場に比べるとまだ少し茶色い色素が残っています。
グレーになる前の段階では、材によって変化もまちまちです。
雨の当たり方、日の当たり方で変わってきますし、
材の個体差にも関係します。

セランガンバツのウッドデッキ 経年変化

私のお気に入りは上の写真です。
グレーがかった木の色と植物のちょっとくすんだグリーンが
静かで穏やかな午後の庭を思わせます。

個人的には、もっとグレーになってからの方が
さらにグリーンと合うんじゃないかな~と思います。

最初の写真のような濃いグリーンでも、
若葉のライムグリーンでも、
活気ある少しブルーがかったグリーンでも、
木はその色たちを受け止めてくれます。
自分自身も変化しながら・・・

なんだか自分の年のとり方も考えさえられますね。
味のある人間になりたいものです。

ところで、最初の写真のかどっこ、かわいいデザインです。
使い方でも合うものが変わっていくような気がします。

ハードウッドを使用する際には、年数を経た後のことも
少し考えてみるといいかもしれませんね。
これから変化していく木材とどう付き合っていくか。

中山でした。


Yの悲劇

11-27,2009

本社のタイムカード受けを見て、営業のYさんがうわ!と声をあげました。

我が社の女性陣のタイムカードの名前

尚子
真由美

この2つ、Yさんにとっては脅威的な名前なのです…

家庭でも、実家でも、会社でも、女に虐げられる運命。

お気の毒。


この記事をどうかYさんのご家族が見ませんように…

ウッドデッキを見て考えた。

11-27,2009

昨日、ウッドデッキの写真を撮りに行ってきました。

お施主さんはとっても親切な方で、
写真撮影したいとお願いすると、
突然のことにもかかわらず干していた
洗濯物を全部片付けてくださって、
快く案内してくださいました。

そのお宅ではウッドデッキの上に
キャスターのついた洋服かけを置いて、
それに洗濯物を干していました。

そうすれば、突然雨が降ってきても、
洋服がけごとコロコロと転がして屋内に
取り入れることができます。

撮影前にも、コロコロと洋服がけを転がして
あっというまに片付けてくださいました。
生活の知恵ですね。

このような生活の中での工夫に触れるにつけ、
私は本当の「豊かさ」ってこういうことなんじゃ
ないかなって思います。

費用をかけなくても工夫し、便利に楽しく生活する。
豊かな生活って、お金があって贅沢をするのではなく、
このような工夫が生まれてくる環境なんじゃないかな
と思います。

ある程度の経済的、精神的な生活の余裕というものは
問われるのかもしれませんが。


「暮らしの手帳」という雑誌にある「暮らしのヒント」を
1冊の本にした「暮らしのヒント集」という本があります。

そこに書かれていることは日常生活上当たり前だけど
普段忘れがちなことだったり、心にすーっと入ってくる
ようなことだったり。
生活の豊かさは心の豊かさにつながるなーと。

でも、友人に言われたのは、「生活に困っていない
からこそ、それを豊かさだと感じられるのでは?」と。


・・・朝から難しい話になってしまいましたね。

さあ!仕事!仕事!
今日も徳島はいいお天気です
みなさんにとって、よい1日になりますように!

中山でした。


トラックボディにご注目!

11-26,2009

営業のKさんから聞いたみやげ話です。

昼間に自販機でジュースを買っていたら、
そのオーナーさんがうちのトラックのボディに書いている

ウッドデッキをつくろう!

の文字を見て、

「おたく、ウッドデッキしよん?
うちの息子がウッドデッキしたいっていよんよ。
ついでに、うちもしたいんやけどな」

と話しかけてきてくれたそうです。

そんなわけで、Kさん、うちの木材の説明をし、
材工でお見積もりを出させていただくことに。

どこにどんな機会があるのかわからないもんですね。
この奇跡的な出会い、大切にしていきましょう!!

中山でした。


おいしいものは人をつなぐ。

11-25,2009

こんにちは、中山です。

今日は建材部に新しく採用された派遣社員Yさんの歓迎会ということで、
事務方だけでお好み焼きランチしてきました。
9月末に退職したベテランYさんも一緒です♪

おいしいものを一緒に食べると、なんだかついさっきまでと
違う親しみを感じたりするもんですね。

そんなわけで、いつも私たちは会社の前にあるお好み焼きやさん
『桃太郎』で鉄板囲んで歓送迎会を行います。

写真撮るのを忘れていましたが、今日は『キムチ焼きうどん』を
初オーダー☆半熟の目玉焼きのトッピングもお願いしました。
マイ定番が誕生しました!

事務のIさんが「いろんなおいしいもん、ようしっとる!」と
私のこと感心してくれてました。(ふふふ)


ところで、昨日は建築士会会報「まちかど」の編集会議でした。
金物屋たけしくんが、今回もいろんなお土産を買ってきてくれてました!

omiyage

きしめんパイ

・博多ラーメン
・味噌カツ用みそだれ
・きしめん
・きしめんパイ

先日、山形に行ったときにはラ・フランスを買ってきてくれました。

来月の私の誕生日には、「神戸でケーキを買ってこなあかん」と
言っていましたが、来月の誕生日には編集長がケーキを買って
くれると、今日メールがありました!!ワーイ!!

おいしいものを食べるとき、必ず思い出がついてきます。
おいしいものは誰かと一緒に食べることが多いからです。
食べ物の記録は、一緒にいた人たちとの記録でもあります。

これからもたくさんの思い出を作っていきましょう!!


【訂正】セランガンバツの経年変化

11-24,2009

先日記事にしたセランガンバツの経年変化の写真ですが・・・

2000年2月撮影ではなく、平成20年の撮影だったようです。

申し訳ございません。訂正いたします。

確かに、そんな古くないです(^^;

私が入社した年ですから・・・。

ということは、ほぼ2年ぐらいで、セランガンバツは大きな変化を

遂げたということですね。

経年変化のご参考になさってください。

中山でした。

暖かい1日

11-24,2009

今日は日中とても暖かくて、なんだかお散歩気分でしたね。

昨日神戸で木の小物をちゃんと見られなかったので、今日は木のおもちゃを見に行って、ここ最近の悩みである「面取り」のヒント探しをしていました。

木のおもちゃはたくさんあって、感心ひとしきりでした。
どれもよくできています。

でも、私が作りたいのは子ども用のおもちゃではありません。

シンプルだけど遊び心もあって、大人に生活の中で使ってもらえるようなものを作れたらいいなぁと思っています。

中山でした。

南京町にて

11-22,2009

1258892431-091122_1205~0002-0001.jpg
母が同窓会で留守にしていたため、父と3姉妹で神戸に遊びに行ってきました。

木の小物のヒント探しのはずが、ブランドショップ巡りとおいしいものツアーになってしまいましたが…(^^;)

よいものや最先端のファッションを見る目も養っておきたいもの。不景気だからこそ、下手なものを掴まず、よいものを選ぶ目利きが重要だからです。1つのものを長く使うということも、私はエコであると思うのです。

ところで、昼食に立ち寄った南京町でおいしいお店を発見しました!

中国粥のお店「楽園酒家」です。

でも、私たち家族がここのメイン料理はお粥であるということに気づいたのは、注文した後…

ベタですが、チャーハンに焼きそば、肉めし(肉かけごはん)、牡蠣入り汁そばをオーダー。

ボリュームと広東風の醤油ベースの味付けに大満足!
おいしい♪おいしい♪と喜んで食べました。

中華街って、どこもかしこもおいしいわけではなくって、やはり料理によって当たり外れがあるのですが、ここの4品はうちの家族に合ったようです。

これから神戸に行ったときに食べに行けるお店が増えました(^^)

あ、でも、もうしばらく中華は食べたくないです。

だって、昨日から3食連続ラーメンだったから(^_^;)
凝りすぎるのも、ちょっと…ねぇ。

麺ガールの中山でした。