FC2ブログ

青年部県内交流会in淡路

12-09,2011

先週の土曜日、徳島県建築士会青年部の県内交流会が淡路島で行われました。

今回は鳴門支部のお世話で、淡路瓦を巡る勉強会となりました。

まず最初に、瓦センターで大栄窯業株式会社の道上さんより淡路瓦について
基本的な情報と瓦にかける思いをうかがったあと、道上さんの会社の中にある
ギャラリーで瓦コースターづくりをさせていただきました。

瓦コースターづくり

私は2回目の体験だったので、あらかじめどんなふうにするか決めていたのですが、
初めて瓦の土に触る方はずいぶん悩んでおられたご様子。
みなさん、真剣な表情で黙々と作業されていました。


コースター
▲みんなのつくったコースター。わたしは「れんこんコースター」です。


瓦小物
▲以前お伺いしたときより、ギャラリーに小物が増えていました。
瓦に対する「古臭い」「おしゃれじゃない」といったマイナスイメージはここでは一切感じません。


しび

さて、次にお伺いしたのは、鬼瓦を製造している株式会社タツミさんです。

こちらでは鬼瓦や寺院の屋根につける「しび」(上の写真)などを製造されています。

また、瓦を応用したエクステリア資材も製造販売され、瓦のよさを身近なところから
使用体験することによって、今では使われることがだんだん減ってきた屋根瓦に対する
イメージや価値観をよい方向へ変えていこうとする取り組みをされています。

2年前にこちらを訪れたときは、もうお店が閉まっていたためゆっくり見学することが
できなかったのですが、「土」という素材の特性と「瓦焼成」の技術を生かして
新しいものを創造し、それをご自宅のお庭で使用されている光景を目の当たりにして、
同じように「木」という素材を扱う会社として、ものすごく刺激を受けたものでした。

淡路瓦を巡る旅を通じて感じえたことを、実際に行動に移すようになって1年。
またこの地で、同じように新しい価値を築いていこうとしている方々とお会い
することができたのは、とても心強くうれしいことです。
今後もこのご縁をつないでいきたいと思いました。

最後になりましたが、今回の交流会をお世話くださいました鳴門支部のみなさま、
私たちを快く受け入れてくださった淡路瓦の組合のみなさま、
サポートしていただいた徳島県瓦組合のみなさま、
誠にありがとうございました。


@7056


スポンサーサイト



建築家・中村拓志氏 講演会のご案内

08-10,2011

徳島県建築士会から講演会のご案内です。

このたび青年部世代で世界で活躍する建築家 中村拓志氏を迎えての
講演会が開催されます。

世界で活躍する建築家のお話を生で聴けるチャンスです。
ぜひとも多くの方々の参加をお待ちしております。

_________________________________

[社]徳島県建築士会特別講演会『ひと・こと・建築』
建築家 中村拓志氏講演「コミュニケーションデザインとしての建築」
                 
日  時:2011年8月14日[日] 13:15~15:15

会  場:建設センター6階小ホール(徳島市富田浜2丁目10番地)

問い合せ:[社]徳島県建築士会 TEL:(088)653-7570

共  催:[社]徳島県建築士事務所協会/[社]日本建築学会
      四国支部徳島支所/[社]日本建築家協会四国支部徳島地域会
後  援: 徳島インテリアコーディネーター協会

_________________________________

以前、雑誌で「体とダイレクトにつながる建築」という中村さんの記事を読んで、
その考え方に興味を持ちました。
今回の講演を楽しみにしています!

何かとお忙しい時期とは思いますが、みなさんもぜひ参加されてはいかがでしょうか?


@7056

県内交流会 in上勝

12-06,2010

先週末、上勝へ行ってきました。

建築士会青年部の県内交流会があったのです。

認証木材の勉強や弊社と同じように木材の加圧注入や
木材加工を行っている第3セクターの会社の工場見学、
現在進行中の町営団地の現場見学とその基本設計を
担当された神奈川大学の曽我部先生の講演と
盛りだくさんの内容で勉強させていただきました。

danchi2
▲曽我部さんと神奈川大学のみなさん。

この団地は、山深い上勝での知恵である棚田をイメージして造成し、
その段差に合わせて住宅の中にも土間をつくり、内外の段差を
合わせた面白い造りになっています。

danchi  danchi3

dannchi3

斬新な企画で、上勝のような田舎で、どういう人がここに住むの
だろうか私にはイメージしかねたので、曽我部さんに質問したところ、
「ここに住む人は、社会の常識にとらわれず新しい生活を創造していく
アーティストのような人たちじゃないか」とお話くださいました。

そして、夜はお楽しみの懇親会。
大学生から青年部OBの方まで、たくさんの方とお話させて
頂くことができました。

ebi
▲灰皿でテキーラを飲ませたりはしません。

楽しい宴会の後は、月ヶ谷温泉のお風呂を貸し切り状態で
思う存分楽しみました。

翌朝は朝市で野菜を買ったり、晩茶アイスを食べたり。

banchaice
▲もうすぐアラフォー。

再度町営団地にも行き、建築について教えていただいたり。


帰りはせっかくなので、曽我部さんが上勝アートプロジェクトで作られた
「もくもくもく」に立ち寄り、棚田の風景を目に焼き付けて帰りました。

tanada

お世話いただいたみなさま、どうもありがとうございました。



上勝へ

12-04,2010

今日は上勝で建築士会青年部の県内交流会があります!

認証木材の勉強をしてきます。

久しぶりにみかんぐみの曽我部さんにも会えます(^-^)

ただいまお迎え待ち。

いってきます!

ひょうたん島ぐるっと

11-04,2010

hyoutan1

昨日は徳島県建築士会徳島支部青年部が主となって企画している
「ひょうたん島ぐるっと」に参加してきました。

新町川と助任川にはさまれるようにできた徳島市中心部の中洲を
「ひょうたん島」という愛称で呼び、複数の団体が様々な視点で
水辺のまちづくりについていろんな取り組みをしています。

建築士会では5年前からこの企画を行っており、ちょうどこの企画を
立ち上げる当初は私も会議に参加させていただくこともあったのですが、
福祉機器展が始まったのも同時期であったので、その後はほとんど
参加することもありませんでした。

しかし、建築士会の若手メンバーや大学生のみなさんの頑張りで、
昨日は川の駅(=ひょうたん島クルーズの乗り場)を6ヶ所設置し、
たくさんの方にクルージングを楽しんでいただくことができました。

私の担当したあわぎんホール駅は乗降客の方は少なかったですが、
パネルや模型展示があったので、いろんなことをお話してくださる
方が多かったように思います。

hyoutan2

お言葉に甘えて、私も乗船させてもらいました!

hyoutan4

船に乗ると、必ず誰かが手を振ってくれます。
昨日はおばあちゃんに投げキッスされた(^^;

hyoutan5

けんちょピアの風景はちょっとした自慢。

hyoutan3

三つ合橋のあたりから助任にかけては私のなじみの場所。
川幅が狭く川沿いに建物が建ち並ぶ前川から西の丸橋をくぐれば
突然目の前が開け、青空と城山の緑が出迎えてくれます。

ちょっと感動。。。
何回乗っても、どこかで必ずうわ~って感動する。
何回乗ってもいつも違う風景を見せてくれます。

ひょうたん島クルーズ、みなさまにもぜひおすすめします☆

最後にひとこと。
日ごろお手伝いできない私ですが、このような楽しい機会を
くださった建築士会ぐるっとメンバーのみなさんに感謝します♪